土曜日は仲間で6時間!タスキをつなぎました

ジョギング

私の趣味にジョギングがあるのですが、土曜日は、「走り仲間」と一緒に6時間マラソンリレー大会に出場しました。これはチーム対抗で、6時間でどれだけ距離を走れたか、を争う競技です。

正確には1周1.5kmのコースを何周走れるかを競い、何周走ったらタスキを渡すかはチームで適当に決めることになります。1周ごとに走ってタスキを渡しても良し、ある人は3周走って、ある人は1周走っても良し、という感じです。

ウチのチームは9名いたのですが、そうすると一人当たり40分を走る必要があります。40分を一人で続けて走るのであれば、初心者のランナーでもそれ程難しいことではありません。もちろん、ルール上一人40分ずつ走ってタスキをつないでいっても構いません。

ただ、これではゆっくりペースで走ることになるので、ある程度みんながダッシュで走るように小刻みにつないで行った方がいいことになります。ただ、こんなダッシュの連続で、正直6時間もみんなで走りつなげるのか非常に不安がありました。

最初は不安一杯でスタートしたものの、始まってしまったら、特に私たちのチームはそれ程勝ち負けにこだわっていなかったのでみんな楽しく、それぞれのペースで走ってすごく楽しいレースになりました。

私は結局、最初のタスキは2周、次は1周、最後に2周の合計5周を走りました。普段長距離を走っているので1.5kmという距離は非常に短いのですが、ダッシュは久々だったので20km以上走ったような疲れを感じました。

ただ、一回一回タスキを渡す時は、なんかすごく一体感が生まれるような印象を持ちました。レース終了後は、みんなで近くの居酒屋に移動し、祝杯を挙げました。土曜日は非常に天気に恵まれていたため、チームのメンバーはみんな日焼けしていました。

汗もダクダクだったので酔いも非常に回りやすかったですが、お互いの健闘を称えながら杯を重ねました。とりあえず、メンバー全員怪我もせず、楽しく走れたのは本当に良かったです。ちなみに翌朝は慣れないダッシュをした所為で、筋肉痛になりましたが、まだ成長できそうな感じです。

筋肉痛の治し方