この季節も大活躍間違いなし!ワセリンのススメ

ワセリン

以前、肌が荒れてガサガサになったことがあり、病院に行ったことがあります。原因は不明でしたが、何らかにかぶれたようで、薬と一緒に乾燥を防ぐ白色ワセリンを処方してもらいました。その後、肌荒れは無事に完治しましたが、私は白色ワセリンが手放せなくなりました。

ワセリンは石油から抽出される炭化水素類を精製して作られたクリームで、主に乾燥を防ぐ目的で使用します。石油と聞くと肌に悪そうですが、灯油やガソリンとは全く違う油分で、ステロイドや防腐剤を使用していない天然由来の成分なので、安心です。安心と言っても、副作用がまったくないとは言い切れませんので、使用時には必ずパッチテストなどを行い、確認して下さい。

さて、ワセリンには、精製度の低いものから黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトというふうに色々な種類があるようです。精製度が低いほど価格が安いのですが、精製度が高いもののほうが不純物が少なく、プロペト以上であれば目の周りなどデリケートな場所や赤ちゃん、肌が弱い人でも使用できます。

使用目的や使用者の状態によって精製度を選択するのがいいでしょう。私は病院で処方されたものと同じ、白色ワセリンを使用しています。顔にも使用していますが、今の所、問題は無いようです。

ワセリンは化粧品ではない

ワセリンは、化粧水や美容液のように肌に浸透しません。肌の表面にベールをかぶせたように保湿、保護します。保湿は体内の水分の蒸発を適度に抑え、肌の乾燥を防ぎます保護は逆に肌を覆うことで外部からの何らかの侵入、刺激を防止、軽減します。

ですので、化粧下地、リップ、就寝前の保湿、小さな怪我の保護など様々な用途に使用できます。私の場合は、夜寝る前に顔に塗ります。また、足の踵や手のツメ、指の保湿にも使用しています。最近知ったのですが、鼻や目の周りに塗ると花粉症を軽減出来たり、足に塗ることで靴ずれ予防にも効果があるようです。

使用のコツは、薄く、こまめに塗ることです。保湿の意味で厚塗すると逆に乾燥肌を悪化させることもあるようですので、気を付けましょう。色々な使い道があるワセリン、ぜひ、使ってみてくださいね。

ワセリン種類